太陽光発電の導入時期

太陽光発電の導入時期をメリットとデメリット

太陽光発電は、現在普及期にある設備です。

 

ECOでクリーンな発電方法と、一般家庭の光熱費の削減は大きなメリットをもたらすとして非常に注目を集めています。

 

なおかつ、東日本大震災における原発問題や全量買取制度の本格導入によって、
その普及速度は加速傾向にあるといえます。

 

では、太陽光発電を導入するのに、向いている時期というのはいつなのでしょうか。

どんな設備もそうなのですが、性能と価格のバランスによってメリットとデメリットが生まれます。

 

太陽光発電のメリットの1つに、発電した電気を売ることによって利益が得られるという事があります。

 

これによって、家庭の光熱費を大幅に抑えることが可能だからです。
しかし、全量買取制度における売電価格と言うのは、今後も確約されているものではありません。

 

改訂によって、横ばい、もしくは下落する可能性もあります。
その場合、少しでも単価の良い早い段階で導入するほど、メリットが大きくなります。

 

単価が下がり、10年以内に導入コストを回収できないような場合には、デメリットが発生することが考えられます。

 

逆に、技術水準の向上によって、発電効率のよい商品が出てきたり、普及率が高まるにつれて
設備本体の価格が下がったりする事が予想されるため、
導入時期としてまだ尚早なのではという意見があるのも事実です。

 

このように太陽光発電の導入時期によって、メリットとデメリット双方の可能性があるため、
しっかりとシュミレーションしてから導入することが大切です。

 

 

一括見積もりを出してもらったら

太陽光発電を設置してくれる業者はたくさんありますが、
自分の希望の予算にあったプランを紹介してくれたり、
納得のいく商品説明を行ってくれたりする業者を探すのは大変です。

 

そこで便利なのが、複数の太陽光発電業者に
一括で見積もりの依頼ができるインターネットサイトです。

 

自分の地域や希望にあわせて、浜松の複数の業者からの
見積もりを簡単に取り寄せることができます。

 

見積もりが各業者から届いたら比較検討したのち、実際に業者に家に来てもらい
屋根などの形状を見て最終的な見積もりを出してもらいます。

 

この時点で1社に絞る必要はありませんが、2〜3社に絞っておきたいですね。

 

料金が安い業者を選ぶのも良いですが、太陽光発電設置後も
保証期間内の10年間は付き合いがあることを考えて、
丁寧な対応や細かく説明などをしてくれる業者を選ぶと安心です。

 

特に屋根の形や勾配に特徴がある家に住んでいる場合は、
この時点で納得がいくまで細かく打ち合わせをしておきましょう。
見積もり書で疑問に思う点は、遠慮なく業者に質問してかまいません。

読者に人気のページ