浜松で太陽光発電の様々な問題点

浜松で太陽光発電の設置に関しての問題点

浜松では太陽光発電に対する期待度が高まっているため、
新たな設置を考えている世帯も少なくありません。

 

クリーンで持続可能なエネルギーとしての期待が集まる一方で、
コストに関しては不安を覚える人も少なくない状況です。

 

設置に関しては様々な問題点が発生していますが、中には地域特有の事情もあり、繊細な配慮が求められています。

 

必須になる初期費用に関しては、多くの世帯にとっては大きな課題と言えるでしょう

最初の初期費用は高くなる傾向があるため、設置した後には
恩恵を得られることが分かっている場合でも、躊躇してしまうことが少なくないのです。
浜松市では太陽光発電を設置するために補助金制度も設けていますが、
実際に適用するには条件を満たさなければいけません。
補助金についても限りがあり、初期費用の大部分を賄うことは極めて困難です。

 

 

自然を相手にする性質があるため、

太陽光発電の機能は天候に左右される要素が多いことも問題点です。

市街地では太平洋側気候の影響を強く受けるために、梅雨の時期には日照時間が短くなりますが、
一部には冬に雪が多くなる場所もあります。
日差しが少なければ発電量も不安定になり、目標に達することが難しくなることも考えられるのです。
北部から南部の市街地に至るまで、高低差が非常に激しいこともあり、
同じ浜松市内でも天候に大きな違いが生じることも把握しておく必要があるでしょう。

 

 

立地場所の住宅事情の影響も大きいもので、浜松の地域らしい問題点となっています。

市内の中心部は平坦な地形になっており、昔は日差しを遮るような建物は少なかったのですが、最近の事情は違います。

 

中区のような中心市街地には超高層ビルも建てられるようになり、
場所によっては日照が減少する可能性が出ています。
市域が非常に広いこともあって、北部の山沿いでは違った悩みを抱える可能性があります。
天竜川上流部の地形は急峻なために、山間部で太陽光発電をする場合にも問題点が発生します。
天竜川沿いの深い谷間に立地する住宅では、日陰の影響を受けやすくなる可能性があるため、条件が悪ければ発電量も少なくなってしまうわけです。

 

 

 

その他の問題点としては、高齢化による影響も無視することができません。

初期費用の赤字分を補うためには、長年にわたって使い続ける必要がありますが、
高齢者にとっては難しいことです。
高齢の世代でも安心して利用できる制度が構築されていれば理想的ですが、実際には微妙な状況になっています。

読者に人気のページ