浜松市で太陽光発電の補助金の必要要件

浜松市で太陽光発電の補助金をもらうための必要要件は?

現在、浜松以外でも各自治体では蓄電設備などを設置したスマートハウス推進の為、
新規に太陽光発電を設置する方に補助金を交付しているところが増えてきています。

 

 

浜松市ではそのような補助を積極的に行っている市で、そこにお住まいの方は太陽光発電の設置を他の地域よりも比較的楽に行うことが出来るのです。

 

具体的には発電設備の設置という条件だけではなく、
家庭用燃料電池システムなど蓄電池を用いた設備全般が補助金交付の対象となります。

 

その為、設置物の対象は結構広く、例えば先程の燃料電池システムだけではなく、
ガスエンジン式発電、蓄電設備や、蓄電設備によるマネジメントシステムまでもが対象です。

 

 

これらは浜松市で制定された、住宅推進事業費補助制度に基づいて行われていることで、
将来にわたって環境負荷を低減させていく自給自足型の次世代型住宅、スマートハウスの推進に一翼を担っています。

 

 

では、これらを踏まえた上で、浜松市で新しく太陽光発電システムを導入した場合、

どれぐらいの補助がされるのかという点について見てみましょう。

 

太陽光発電システムは各家庭でそれぞれ必要な電力量が違ったり、
設置可能面積が異なったりする場合があることから、かかる費用は一律ではありません。

 

しかし、補助金の交付は3kw以上のモジュールのみに行われるのに加え、一律で40000円までの交付と定められています。

 

 

3kwという電力量は一般家庭で賄う電力量としては最低限の部類ですが、工事費などを含めると
補助される以上の費用は確実にかかりますので、思ったよりも補助がされないなと思った方もいるかもしれません。

 

 

ですが、ここで注意が必要なのがあくまでもこの補助金はモジュール、つまり太陽光パネルを設置する時にされるもののみに交付されるもので、その他蓄電システムへの補助は含まれていないのです。
では蓄電システムへの補助は一体いくらぐらい交付されるのかというと、
浜松市では蓄電容量1kwあたり20000円の補助が行われており、最大で10万円まで補助が行われます。

 

一般家庭で消費される電力量の平均が、約10kwとされているので、同じ容量の蓄電池を導入するとなると
半分程度補助がされることになります。

 

これらの補助金を合わせて考えてみると、補助無しで1から設置するよりも圧倒的に楽に設置できることがわかるはずです。

 

浜松市でスマートハウスの導入を考えている方は、これらの補助を視野に入れて検討してみてはいかがでしょうか。

 

★自分で補助金を調べる方はコチラ
社団法人ソーラーシステム振興協会

読者に人気のページ