三河地方の太陽光パネル業者の裏事情

日照時間の長い豊橋は太陽光発電に適した地域です。

下でも専門家から見た意見として、豊橋市と豊田市を中心とする三河地方は
太陽光発電には適した地域だと言われていてます。

 

他の地域だと、日照時間の関係で、元が取れなかったりするケースもあるようですが
この地方は、そのような事がないと言われています。

 

やはり太陽光と言う事で、日照時間は非常に大事な情報の一つです。

 

そうなると、一番適した地元の業者を調べる方法が知りたいと思います。

特に豊橋で太陽光パネルの設置を検討している人はこのページが一番オススメです
>>豊橋の利用者が選んだお勧めの太陽光発電の業者とは?

 

元業界関係者が選ぶ方法を簡潔にまとめているので、初めての人でも役に立つ情報であり、
この地域で検討する人は、まず見ておくページだと思います。

 

 

専門家から見た三河地方の太陽光発電事情

愛知県豊橋市は、年間日照時間ランキングの常連地域として太陽光発電システムには非常に適しています。

 

現在のシリコン製のソーラーパネルは、理論上の発電効率が29%とされ、曇りには発電量が大きく低下する上に雨天や夜間には発電出来なくなり、より多く現在の太陽光発電システムで発電する為には日照時間の長さが重要になって来ます。
赤道から離れている日本は、季節や時間により軌道が大きく変わるので、太陽の動きに合わせてソーラーパネルの方向と角度を変える事で日照時間を確保する方法を実践している家庭もありますが、多額の設備投資が必要となるので再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法FITの2019年の期間切れによる電気の買取価格の下落が予想される現在には不向きです。

 

現在の買取価格は、FIT施行当初よりも約3割程度安くなっているので、2019年以降の買取価格は再生可能エネルギー大国のドイツの様に1kw15円前後になると推測されています。
又、財布では平成29年度末までに改めて電力会社と接続契約の締結を義務付け、手続を怠った過程は固定価格買取制度の認定が失効することになり、平成30年度から余剰電力の買い取りが行われなくなります。

 

政府では、ZEHの完全導入を決定しておきながら、太陽光発電システムの普及に関しては後ろ向きの動きをしています。
背景には、政府と電力会社の金銭による蜜月の関係があります。

 

 

冬場の太陽光発電の実績

さて、冬場の太陽光発電の実績例を公開します。
中部地方の沿岸部のある地方の実例です。

 

1月の実績例となります。

 

支払(消費)額 12476円
売払(売電)額 8642円

 

収支2月
マイナス3834円の赤字

 

 

累計69328円の黒字
(約1年の結果です)

 

 

売買ともに前年同月実績に劣り、 極めて不満の残る結果となりました。
買電額の顕著な増加については、今年は厳冬だったということを原因として挙げることになる。
ただし今月に入ってからは、なぜか電力自給率が約80%に達した日があった。
冬場は約20%台が平常の相場だけに、もうすぐ春なのだろう。

 

 

やはり季節的には月単位ではマイナスになってしまう。
その分他の季節にプラスとなるので今は、年間を通してどれくらいプラスになるのかが楽しみだ。

 

地域的には比較的天気が多いので、これからはもっとプラスになることが期待できる。
今後はソーラーパネルの増設も検討している。

読者に人気のページ