人気の太陽光発電

太陽光発電の導入時期をメリットとデメリット

太陽光発電は、現在普及期にある設備です。
ECOでクリーンな発電方法と、一般家庭の光熱費の削減は大きなメリットをもたらすとして非常に注目を集めています。
なおかつ、東日本大震災における原発問題や全量買取制度の本格導入によって、その普及速度は加速傾向にあるといえます。

 

では、太陽光発電を導入するのに、向いている時期というのはいつなのでしょうか。

どんな設備もそうなのですが、性能と価格のバランスによってメリットとデメリットが生まれます。

 

太陽光発電のメリットの1つに、発電した電気を売ることによって利益が得られるという事があります。
これによって、家庭の光熱費を大幅に抑えることが可能だからです。
しかし、全量買取制度における売電価格と言うのは、今後も確約されているものではありません。
改訂によって、横ばい、もしくは下落する可能性もあります。
その場合、少しでも単価の良い早い段階で導入するほど、メリットが大きくなります。
単価が下がり、10年以内に導入コストを回収できないような場合には、デメリットが発生することが考えられます。

 

逆に、技術水準の向上によって、発電効率のよい商品が出てきたり、普及率が高まるにつれて設備本体の価格が下がったりする事が予想されるため、導入時期としてまだ尚早なのではという意見があるのも事実です。

 

このように太陽光発電の導入時期によって、メリットとデメリット双方の可能性があるため、しっかりとシュミレーションしてから導入することが大切です。

 

 

読者に人気のページ